プレスリリース

2020.10.05

完全人工光型植物工場:ベジノーバ(埼玉県加須市)竣工のお知らせ

株式会社ファームシップ(本社:東京都中央区 代表取締役:北島 正裕 以下「ファームシップ」)と東芝プラントシステム株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:原園 浩一、以下「東芝プラントシステム」)は、完全人工光型植物工場における野菜の生産・育成及び販売事業を行う合弁会社 株式会社ベジノーバ(所在地:埼玉県加須市 代表取締役:瀬﨑 智和 以下「ベジノーバ」)が運営する完全人工光型植物工場の竣工式を2020年10月2日に執り行いました。

株式会社ベジノーバは当社と、総合エンジニアリング企業としてIoT、エネルギー技術に高い知見を持つ東芝プラントシステムが更なる植物工場ネットワークの構築やSDGsの視点*1も踏まえ、2019年6月に設立した合弁会社です。

本工場は完全人工光による植物栽培により、レタスを中心とした葉物野菜を一日当たり約3トン生産することが可能であり、首都圏に立地する植物工場では最大の生産能力を持っています。天候不順等の影響を受けず、栽培期間中は無農薬での栽培を行うため、食品供給で求められる「定時納品」、「安定供給(量、価格、品質)」、「安全」等の条件を満たした野菜を生産します。

葉物野菜は本工場内にて播種後約4から5週間で生育し出荷が可能です。首都圏での販売を中心に、11月上旬以降より毎日出荷される予定です。

また、本工場には静岡県富士市に次ぐ、ファームシップの新たな物流拠点も併設しています。工場で生産された野菜を併設した物流倉庫にコールドチェーンが途切れることなく保管し、出荷します。関東圏における物流網をさらに強化、構築することによって安心、安全にこだわった高い品質の葉物野菜をより多くの消費者の皆様にお届けします。

*1 SDGsの視点 … SDGs17目標のうち、「インフラ、産業化、イノベーション」「持続可能な消費と生産」「陸上資源」に該当。

【株式会社ベジノーバ】
代表者:瀬﨑 智和
所在地:埼玉県加須市古川1丁目-2-1
Website: https://www.vegenova.co.jp/index.htm

【東芝プラントシステム株式会社】
代表者:原園 浩一
所在地:神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-36-5 鶴見東芝ビル
Website: https://www.toshiba-tpsc.co.jp/index_j.htm

【株式会社ファームシップ】
企業名:株式会社ファームシップ
代表者:北島 正裕
所在地:東京都中央区日本橋浜町三丁目9番5号 TOKYO MIDORI LABO. 4階

お問い合わせ先

本件に関する取材・インタビュー、御問い合わせは下記までお願い申し上げます。

企業名:株式会社ファームシップ

E-mail: info@farmship.co.jp

Website: https://farmship.co.jp

一覧へ戻る

TOP > News > 完全人工光型植物工場:ベジノーバ(埼玉県加須市)竣工のお知らせ