プレスリリース

2019.11.22

国内最大規模の完全人工光型植物工場の竣工について

株式会社ファームシップ(本社:東京都中央区 代表取締役:北島正裕・安田瑞希 以下「ファームシップ」)と三菱ガス化学株式会社(本社:東京都千代田区、社長:藤井政志、以下「三菱ガス化学」)は、
人工光型植物工場における野菜の生産・育成及び販売事業を行う合弁会社 MGCファーミックス株式会社(本社:東京都千代田区丸の内2-5-2三菱ビル(三菱ガス化学内) 所在地:福島県白河市 代表取締役:水上政道 以下「ファーミックス」)が「QOLイノベーションセンター白河」内で運営する完全人口光型植物工場の竣工式を2019年11月22日に執り行いました。

竣工式
左より弊社代表北島、鈴木白河市長、内堀福島県知事
三菱ガス化学(株)倉井会長、藤井社長、水上専務

完全人工光型植物工場は、施設内で植物の生長に必要な光、温湿度、二酸化炭素濃度、水分、栄養分等の環境条件を制御しながら、常に最適な生育環境で植物を栽培する施設です。
そのため、季節や天候に左右されず、安定した品質の野菜を一年を通して提供することができます。

本工場では、植物工場に関する最新技術・ノウハウを導入したことで同時に多品種を栽培でき、一般消費者向け個包装商品から業務用商品まで、顧客ニーズに沿った計画的生産及び供給が可能となりました。
リーフレタスやケールなど七種類の葉物野菜を栽培し、生産能力は国内最大規模となる日産2.6トン、1株80グラムのリーフレタス換算で32,000株相当を生産いたします。

今後は本工場を、当社と三菱ガス化学が共同で設立したファーミックスが本工場を運営いたします。農場管理の国際基準であるGLOBAL G.A.P.(グローバルギャップ)認証の早期取得に向けた活動を開始するなど、
ファーミックスを通じて両社のノウハウが共鳴することで、工場の生産性を最大限引き出し、安心、安全にこだわった野菜を、消費者の皆様にお届けしてまいります。

【MGCファーミックス株式会社】
企業名:MGCファーミックス株式会社
代表者:水上政道(三菱ガス化学 取締役 常務執行役員)
本社:東京都千代田区丸の内2-5-2三菱ビル(三菱ガス化学内)
所在地:福島県白河市豊地 QOLイノベーションセンター白河
Website:https://mgc-farmix.co.jp/

【三菱ガス化学株式会社】
企業名:三菱ガス化学株式会社
代表者:藤井政志
所在地:東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル
Website:https://www.mgc.co.jp/

【株式会社ファームシップ】
企業名:株式会社ファームシップ
代表者:北島正裕・安田瑞希
所在地:東京都中央区京橋二丁目2番1号 京橋エドグランサウス4階SENQ京橋RoomF

三菱ガス化学株式会社様のニュースリリースはこちらをご覧ください。

お問い合わせ先

本件に関する取材・インタビュー、御問い合わせは下記までお願い申し上げます。

企業名:株式会社ファームシップ

E-mail: info@farmship.co.jp

Website: http://farmship.co.jp

一覧へ戻る

TOP > News > 国内最大規模の完全人工光型植物工場の竣工について