ファームシップ大型植物工場PROJECT始動

ファームシップ大型植物工場PROJECT始動

6427
0
シェア

先端農業開発を行う株式会社ファームシップ(本社:東京都中央区、代表取締役:北島正裕・安田瑞希、以下「ファームシップ))は、三菱ガス化学株式会社(本社:東京都千代田区、社長:倉井敏磨、以下「三菱ガス化学」)との協業体制により、福島県白河市にて完全人工光型の植物工場事業を実施することを決定いたしました。

本協業体制にて建設される植物工場(以下「本工場」)では、初期計画として、日産2.6トン*1の葉菜類を生産すると共に、生産量のさらなる拡大を目指します。

前記規模は国内最大、世界的にも最大級となり、設備を有効活用することにより、将来的には日産3.0トン*2の生産を目指します。

三菱ガス化学は、食品の洗浄に使用される過酸化水素や過酢酸製剤、食品を酸素劣化から守る脱酸素剤および各種機能性樹脂フィルム等、食品の安全・安心に関わるさまざまな製品・技術を有しています。

ファームシップグループは、三菱ガス化学との協業を通じて、様々な技術を農業へ導入し、「農業と食の未来を創造する」というグループミッションの達成を目指します。

*1:日産2.6トンの葉菜類=80グラムリーフレタス換算日産32,000株
*2:日産3.0トンの葉菜類=80グラムリーフレタス換算日産37,500株


本事業の位置づけとファームシップグループの植物工場への取り組み
ファームシップグループは、工場野菜需要の急拡大を受け、国内の植物工場の事業拠点を拡大しています。本協業は、生産力の多様化の視点から、今後の日本農業を支える上で、非常に意義のある取り組みだと考えています。

~ファームシップの植物工場ネットワークの拡大~
ファームシップは、2017年末時点で、すでに国内4拠点、国外1拠点の生産拠点ネットワークを構築しています。本工場稼働後は、国内の総生産量は日産で約7.0トンの葉菜類を供給することとなり、植物工場ネットワーク合計の生産量は世界最大となります。

~大規模多品目展開の実現~
現在は、「植物工場といえばリーフレタス」が主流となっていますが、ファームシップは、単なるレタス工場ではない、多品種型の植物工場の展開に注力しています。ファームシップの生産拠点では、ベビーリーフ、コマツナ、ケール、ホウレンソウ等の大規模栽培を開始しております。

~食品加工業者向け野菜販売の強化~
葉菜類は軟弱野菜ともいわれ、食品加工業者にとって取扱いの難しい野菜です。ファームシップは、まずはリーフレタスにおいて、食品加工業者専用規格(サイズ、品質等)の量産化技術を開発しました。今後作られる植物工場では、高鮮度、高品質、高歩留まりという品質基準をクリアし、かつ、価格の最適化を実現できるソリューションを提供します。

以上

【株式会社ファームシップ】
社 名:株式会社ファームシップ
代表者:北島正裕・安田瑞希
所在地:東京中央区京橋二丁目2番1号京橋エドグランサウス4階SENQ京橋RoomF
Corporate Site:http://farmship.co.jp

【三菱ガス化学株式会社】
社 名:三菱ガス化学株式会社
代表者:倉井敏磨
所在地:東京都千代田区丸の内二丁目5番2号三菱ビル
Corporate Site:http://www.mgc.co.jp

【報道などに関するお問い合わせ先】
株式会社ファームシップ広報窓口:後藤 <E-mail>: info@farmship.co.jp