【採れたて通信 vol.23】浜松市の白いトウモロコシ(ロイヤルメイズ)

【採れたて通信 vol.23】浜松市の白いトウモロコシ(ロイヤルメイズ)

297
0
シェア

こんにちは!

先日、浜松市の露地野菜生産者「ビンクロファーム」さんを訪問してきました!

 

ビンクロファームさんでは、減農薬・有機栽培にこだわりながら白いトウモロコシをメインに多品目露地野菜を栽培しています。

代表の辻村さんが2年間に及ぶ試行錯誤の末に開発した、糖度20度以上の白いトウモロコシ「ロイヤルメイズ」が近年浜松市の名物として人気です。

 

そんな代表の辻村さんですが、実は幼少期からトウモロコシが嫌いだったそうです。

「暑い夏に、なぜ熱いトウモロコシを食べないといけないのか?」という常識にとらわれない柔軟な発想で、生のまま冷やして食べられる白いトウモロコシを開発しました!

凍らせたトウモロコシ「フローズンメイズ」は、初夏のバーベキューシーズンにぴったり!

見た目もかわいく、女性やお子さんに人気の商品です!

 

 

また、ビンクロファームさんは、地元野菜を使用した新鮮な料理を提供する「ビンクロヴィレッジ」を運営しています。

 

 

店頭は、周辺の農家さんが採れたての農産物を持ち寄って販売する直売所になっており、周辺農家さんと協力して地域農業を盛り上げます。

地元住民と生産者の交流を促す貴重な拠点として多くの方に活用されているようです。

 

 

更にビンクロヴィレッジ2階では、商談場所を確保しづらい周辺農家さんの為に自由に使える商談スペースを提供しています。

このビンクロヴィレッジには、地元農業を盛り上げたいという辻村さんの思いが様々な部分に感じられました!

 

最後に、リーフレタス、サニーレタスの圃場を見学させて頂きました。

太陽の光をいっぱい浴びて育った濃い緑と赤の葉っぱのコントラストが非常に美しく映えています。

 

 

辻村さんは「本当に農業が好きで、自分が作ったものをたくさんの人に食べてもらいたい」と力強く仰っていました。

 

 

静岡にお越しの際は、是非ビンクロヴィレッジへ寄って白いトウモロコシ「ロイヤルメイズ」をご賞味ください!