晃商×ファームシップ ~大規模の完全LED野菜工場「名張シティファーム」竣工~

晃商×ファームシップ ~大規模の完全LED野菜工場「名張シティファーム」竣工~

2746
0
シェア

先端農業開発事業を行う株式会社ファームシップ(本社:東京都中央区、代表取締役:北島正裕・安田瑞希、以下ファームシップ)は、株式会社晃商(本社:京都府京都市、代表取締役社長:新井義淳、以下晃商)とのパートナーシップにより、三重県名張市にて完全閉鎖型野菜工場「名張シティファーム(以下本工場)」の操業を開始しました。

11月より近畿及び中部地方の小売店を中心に野菜の販売を開始しており、去る11月20日には、鈴木三重県知事・亀井名張市長ご臨席のもと竣工式が盛大に開催され、多数のメディアの方々にもご参加頂きました。

~野菜工場新時代:野菜工場での新しい取り組み~
本工場は、最先端設備を導入し、数種類のレタス以外にも、ケール、赤小松菜、えごまの葉及びルッコラ等、先端技術を活かした革新的な取組みを実施しています。

~農用地を活用した初の野菜工場~
農業振興法の農用地として指定されたエリアに、完全閉鎖型の野菜工場が整備されたのは国内初の事例となります。鈴木英敬知事からも、「農用地にこうした野菜工場ができたことは農業界に一石を投じ、農地再生につながる」と期待を寄せて頂きました。ファームシップは、本工場が、野菜工場の未来を切り開く事例になると確信しています。

~ファームシップの野菜工場ネットワークの拡大~
本工場はファームシップが手掛ける国内3拠点目の野菜工場となりますが、本工場では、異業種参入となる晃商様に対して、事業計画立案、工場基本計画策定、初期設備投資コストを最適化した先端設備導入、工場稼働後の人材派遣を含む生産支援及び野菜販売までのトータルソリューションを提供しています。

ファームシップは、オープンなパートナーシップの考え方に基づく事業展開が、農業従事者の多様性を産み、産業活性化・地方創生進化をリード・拡大していくものと考えており、今後も国内外で大型案件を複数展開する予定です。

(本工場の詳細などは別紙をご参照ください)
以上

株式会社ファームシップ
2014年3月設立。代表取締役 北島正裕・安田瑞希。先端農業開発事業、農産物流通事業、アグリ人材事業を日本国内外で展開。

株式会社晃商
1970年10月設立。代表取締役社長 新井義淳。地域の方々との「縁」と「絆」を礎とし、「スーパードーム」をメインブランドとするパチンコ事業、「焼肉の名門 天壇」をブランドとするレストラン事業、温浴事業の3事業を全国展開。

【報道などに関するお問い合わせ先】
株式会社ファームシップ 広報担当:後藤
<E-mail>: info@farmship.co.jp
<Corporate Site>: http://farmship.co.jp

別紙