【プロフェッショナルズ vol.9】第1回いわてスマート農業祭出展

【プロフェッショナルズ vol.9】第1回いわてスマート農業祭出展

177
0
シェア

8月25日(金)~26日(土)、岩手産業文化センター「アピオ」にて開催されました「いわてスマート農業祭」に出展しました。今回が第1回目となるいわてスマート農業祭は、農業におけるICT技術の発展を踏まえてスマート農業に関する最先端の農業機器やシステム等を一堂に集め、スマート農業の普及を促進し、農業経営の規模拡大や新規就農者の参入等につなげていくことを目的として行われた展示会です。

 

ファームシップグループでは㈱ファームシップと㈱オーシャンとが合同でブースを持ち、植物工場システム、流通事業、アグリ人材育成事業の3つの柱を紹介しました。植物工場を核とした生産・流通・人材輩出の全国展開を見据えて、これまでややご縁の薄かった東北地方の皆様とのネットワークを構築することが目的です。

「こまち」で盛岡駅へ、「いわて銀河鉄道」に乗り換えて滝沢駅へ向かいます。

屋外には自動運転トラクターや大規模な田植え機が並ぶ一方、屋内展示場には圃場のモニタリングシステムや植物工場のセンシングのサービスの展示もなされています。一口に「スマート」、「ICT」と言っても、農業をめぐって、栽培そのものから環境をコントロールする者、作業の効率化を追求するものまで幅広い技術が市場に出てきていることが分かりました。

ファームシップグループのブースには、農繁期の売上平準化、農地の効果的利用、生産の安定化など様々な問題意識から植物工場システムの導入に関心を持たれるお客様が50名以上来訪されました。農業生産システムとしての植物工場の存在に対する認知度が上がっていることを感じる一方で、導入、運用面で懸念される方が多く、今後説明責任を果たしていくことの重要性を認識しました。東北での事業展開の可能性も見え、さらにネットワークを作っていきたいと考えています。

 

ファームシップグループは、㈱ファームシップと㈱オーシャンが一体となり、植物工場技術を核とした生産・流通・人材育成、またこれらに取り組まれる農業者の支援を行っていきます。ご関心の向きはぜひお気軽にお問い合わせください。