【ファームシップの採れたて通信 vol.13】かわいい国産パプリカ

【ファームシップの採れたて通信 vol.13】かわいい国産パプリカ

1610
0
シェア

まいど~

 

いや~お久しぶりです。

ちょっと前になるねんけど、かわいい”パプリカ”の産地を見学してきたで~

 

ここはパプリカの植物工場としては国内最大級。

立派なガラス温室!!約2万640平方メートルあります。

new_20151126_155601

太陽光を最大限に活用した植物工場。栽培室に異物の混入などのリスクを排除する為、エアシャワーが設備され通過しなければ栽培室に入れません。

new_20151126_155718

収穫は毎年10月下旬から翌年6月ま­で約8カ月間で、初年度は年間400トンの生産能力をもち、工場内には選果ラインを設け­、サイズ選別も行います。

new_20151126_155846

ちょうど見学した時は、サンタさんもいてました(笑)

new_20151126_160813

この広い栽培室では炭酸ガスを外気の約2倍発生させて生産を促進させ、露地栽培と比べ約4倍の高­い収量できるそうです。

new_20151126_162256広い!だけじゃなくて、高さもあって上昇台車にのって収穫作業を行います。

new_20151126_162150

これが、上昇台車。

大人が2名乗っても安定感あった。収穫作業する足元の安全を守る大切な機械。

 

 

さてパプリカの実を見てみましょ。

 

最初は、こんなにちっこくて親指の同じぐらい。

めちゃくちゃ可愛いねん。

new_20151126_161215

大きくなったら拳ぐらいになるねんけど、まだ緑色。

new_20151126_160835

完熟になると、きれいな色がついて美味しくなった証拠。

品種によって色は違うけど、これは橙色。

new_20151126_161844

食べた瞬間、果物の梨みたい。たっぷり甘くてジューシーで、口に入れた瞬間に美味いってわかった。果肉も厚く食べごたえ満足。

※因みに種はプチプチ。白いワタもフワフワっと食べれる。

 

パプリカは韓国、オランダ、ニュージーランド産が多いけど、国産だから何が違う?それは鮮度やと思う。

生で食べると皮のパリッとした食感が全然ちゃうし、甘みを引き立てる酸味も、フルーティーな香りを楽しんで欲しい。

 

産地で少しでも感じたことあったら”採れたて通信”で皆さんに伝えていきたい。

定期的に美味しい野菜をアップするから、また見てや!!

いつもありがと~!

 

【お問い合わせ】
本件に関するお問い合わせは下記までお願い申し上げます。
企業名:株式会社ファームシップ ポストハーベスト事業部
E-mail: postharvest@farmship.co.jp
Website: http://farmship.co.jp